サエない日々にさよならを。

松山から他県への移動交通手段の時間・料金・気づいたことなどをまとめてみた。


今年のアドベントカレンダーは『愛媛・松山についての徒然 Advent Calendar 2015』の12/23にエントリーさせていただきました。

今年で故郷から松山へ引っ越してきて7年たったので、振り返りをしようかと思ったのですが、ひょんな思いつきで急遽変更(笑)。私が松山から主な他県へ移動するときの交通機関についてまとめてみようと思います。
これまで何度か各地のセミナーイベントに参加させていただいているのですが、ほぼ毎回「どうやって来たんですか?」「何時間かかったんですか?」と聞かれて説明がめんどいので「とりあえずこの記事見てください」といえるようにしとこうと思います(笑)。

※注1:なお、ここでは公共交通機関のみの記載です。車での移動については書きませんのであしからず(理由は最後に)
※注2:以下の内容は2015年12月23日現在の内容です。時刻・料金改定などあると思いますので、必ず各交通会社の情報をご確認ください。
※3:もし、記載情報が違っている場合は、お伝えいただけるとありがたいです(即修正します)。

電車(特急)

CSSNite in TAKAMATSUいくよー。

bright flavorさん(@brightflavor)が投稿した写真 -


基本的に使う交通機関です。事故・悪天候を除いて到着時刻にほぼ正確に到着しますので、安心して利用できます。あと、終点で降りるので爆睡しても寝過ごす心配がないのが嬉しい(笑)。

良く利用する行き先。

・高松…約2時間20分 往復7,600円(トク割2枚回数券利用
・岡山…約3時間 往復[平日]8,640円 [週末]8,020円(岡山指定席トク割きっぷ岡山週末指定席トク割きっぷ利用)
・神戸・大阪…約3時間40分(岡山で即乗り換えできたと想定して新大阪まで) 往復[大人・4日間用]17,490円 [大人・土休日2日間用]16,460円(阪神往復フリーきっぷ利用

個人的まとめ。

高松・岡山へ普通に乗車券を買うと高松行き片道で6,190円、岡山行き片道で6,830円(どちらも指定席)と懐が痛いので、トク割きっぷをみどりの窓口で購入してます(岡山行きは平日と週末で料金が変わってくるので注意)。そうすると、バス往復代よりちょっと高いくらいの料金で購入することができます。高松、岡山ともに指定席2枚回数券購入し、往復で使ってます(自由席版もありますが4枚しかないのと、座席確保の確実性を優先したいので購入してません)。

・Webで申し込みも一応可能ですが、ぶっちゃけ申し込み画面のレイアウトを見た途端、申し込もうという気持ちを削がれてしまうのと、岡山、神戸・大阪行きは申し込めないので、結局直接窓口で購入してます。

・指定席は出発直前にとることも可能ですが、連休時はとれない可能性がグンと高くなります。連休時に移動する場合は早めに購入・指定席をとっておくのがベスト(これはどの交通機関も一緒ですかね)。ちなみに、私は購入時に行きの便だけ指定席をとり、帰りは、自由が効くように行き先の駅の窓口で指定席をとっています。なお、車内で駅員さんに言って指定席をとる、ということはできないので、指定席は必ず窓口で取りましょう(以前、それをやろうとして駅員さんに拒否されたので、素直に自由席に乗りました)。

・岡山へ行くときは台風などの悪天候で瀬戸大橋が通過できないことがあるので、悪天候の場合でどうしても移動せざるを得ない時は、前日入りなど早めに出発するか、バスに変更した方がベスト(電車の方が先に封鎖されるのです)。なお、高松へは陸地続きなので、台風などのよっぽどの暴風でない限りは心配はないです。ただし、遅延はしますので、「しゃーないなー」と思う程度に心のゆとりを持ちましょう。

JR松山駅から往復タイプの乗車券で購入料金が3,000円以上の場合は、JR松山駅近くのキスケパーキングの24時間無料駐車券をもらうことができます。もちろん、上記の券も条件に当てはまりますので、車で移動してきた場合は出発前に窓口でもらいましょう(パーキングの駐車券と購入した乗車券を同時に見せないともらえないため。もらいたい場合は出発時間の余裕を持って駅へいきましょう)

・神戸・大阪へ行くときは『阪神往復フリーきっぷ利用』を購入しています(岡山で新幹線乗りかえ)。阪神圏内のJRが自由に利用できるきっぷもついてきます。ただし、あくまでJRだけなので、地下鉄は別途購入必要あるのが玉にキズ。

高速バス

ただいま。

bright flavorさん(@brightflavor)が投稿した写真 -


バスは酔いやすいので基本あまり使いたくない交通機関です。しかし…これを使わざるを得ないところもあったり、場合によっては便利なこともあるので、自分なりに工夫して利用してます。
(写真は大街道で下車したところ)

良く利用する行き先。

・高知…約2時間40分 往復6,500円(松山市内系乗り場→高知駅バスターミナル または はりまや橋
・徳島…約3時間20分 往復8,100円(松山市内系乗り場→徳島駅前
・大阪…[昼行便]約5時間40分 [夜行便]約7時間50分 往復12,400円(松山市内系乗り場→大阪 (梅田) または新大阪[伊予鉄バス]松山市内系乗り場→JRなんば駅またはJR大阪駅[JR四国バス]
※大阪行きは伊予鉄バスとJR四国バスで乗場・降車場が分かれます。

たまに利用する行き先。

・高松…約2時間45分 往復7,500円(松山市内系乗り場→栗林公園前・県庁通り・高松駅高速BT
・岡山…約3時間 往復8,000円(松山市内系乗り場→岡山駅西口

個人的まとめ。

・高知はバスを利用せざるを得ません。特急使ったら片道で10,270円。高松・岡山みたくトク割きっぷはありません&乗り換えめんどい。

・徳島も特急を使うと結局乗り換え&料金高いので、バスのほうがベスト。

・時間帯や降りる場所が最後になればなるほど到着時間がかなりずれるので、使う時は時間の余裕がある時に。

・車で乗り場まで向かう場合、川内インターまたは松山インター口には駐車場があり、48時間の無料駐車券をもらうことができます。利用した人は帰りの便の降車時に運転手さんに自己申告でいただきましょう(ただし、どちらの乗り場も途中下車なので寝過ごさないように気をつける必要あり)。

・上記のこの点を利用して、高松・岡山で宿泊する場合はバスで行くこともあります。また、行き先によってはバスの方が都合が良い時もありますので、その辺りは臨機応変。

・おみやげが必要な場合はJR松山駅、松山市駅、大街道以外での乗車であれば、事前に購入しておくのがベスト(JR松山駅は駅内売店、松山市駅は駅内セブン-イレブン、大街道は乗り場となりのローソンで購入できます)。

・大阪など遠方へ行くときは、首がしんどくなるのと、(何故か)精神的に疲れやすくなるので、首枕と覚悟が個人的必需品。…私だけ?

予約は往復予約の場合は行きだけでなく帰りも時間指定をする必要あり。乗り場・出発は変更が可能だが1度のみなので注意。

・あと、ほぼ使いませんが、東京、福岡、尾道・福山、京都、神戸、名古屋行きの便もあります。そうみるとバスって以外に柔軟対応してるな…。

・意外にありそうな広島行きのバスは今治からでないと出てませんのでご注意を。

陽が沈むのはやなったな。

bright flavorさん(@brightflavor)が投稿した写真 -


日程・時間帯を選べばかなりゆったり過ごせるのでお気に入りの交通機関です。広い机もありますので、仕事も意外に捗ります( ̄ー ̄)ニヤリ (ただし、大分行きを除く)

良く利用する行き先。

・広島…[フェリー]約2時間40分 往復6,840円(往復で購入すると復路1割引)瀬戸内海汽船
・大阪(大阪南港)…[夜運行]約8時間40分 往復9,880円(2等指定:往復で購入すると復路3割引)オレンジフェリー
・福岡…[夜運行]約7時間 往復10,355円(二等:往復で購入すると復路1割引)松山・小倉フェリー
・大分(別府)…約2時間50分 往復5,890円(往復で購入すると復路1割引)宇和島運輸フェリー
・大分(臼杵)…約2時間25分 往復4,390円(往復で購入すると復路1割引)宇和島運輸フェリー オレンジフェリー ※臼杵行きは2会社運行。

個人的まとめ。

・広島行きはフェリーと高速船があります。高速船だと約1時間程度で到着しますが、片道7,100円するので使ってません(※2016.3.31までは片道のみだと割引料金らしいです)。フェリーは到着までにかなり時間がかかりますが、逆にそれだけ時間があると簡単な仕事だと到着までに終わらせたりできるので、それはそれでメリットになったり。

松山観光港の駐車場は有料です。何泊かするのであれば、郊外電車・バスで向かう方がいいです。なお、始発・最終便利用だと、電車もバスも動いていないので、その場合は誰かに送り迎えをお願いする、あるいは駐車料金かかっても車で来ておくほうが良いです。

・基本的にゆったり過ごせるのが、船のメリットですが、大分行きは例外。潮の流れが早い関門海峡を渡るので穏やかな日でも揺れます。私の場合、乗船する場合は十分な休息と酔い止め薬は欠かせません(そうしないと一発で体調崩します)。本を読んだり、集中するような作業もやめた方がベスト。あと、船は松山から出ているわけではないので、八幡浜港までバス、あるいは車で行く必要があります(八幡浜港の駐車場は有料です)。JRも行くことはできますが、八幡浜駅から港まで2kmほど距離があるので、徒歩ないしタクシーでの移動が必要です。

・大阪行きのフェリーは松山からではなく、車で約1時間程度移動したところにある東予港から乗船(一応、バスも出てますが、予約が必要)。駐車場はなんと無料!!!!。船内はホテルみたいで、海の夜景を見ながらのお風呂もありますのでおすすめ。それにしても。昔のオレンジフェリーは片道3,700円くらいだった覚えがあるんですが。なんかいつの間にかえらい高くなったなぁ…。あと、神戸港への寄港もなくなったし、昼間の便もなくなったし。これもみんな橋のせい?(それだけじゃないと思うけど)

・船の乗船券支払いは、大阪・大分行きはクレジットカードが使えません。必ず現金を用意しましょう。

・三崎港から佐賀関港行きの国道九四フェリー、三津浜港から柳井(山口)行きの防予フェリーもありますが、まだ使ったことがありませんorz

・関係ないですが、広島港は到着すると目の前が路面電車がくるので、めっちゃ便利&羨ましい(伊予鉄も松山観光港まで路線を伸ばす計画があるようですがいろいろ事情があるようです

飛行機

ちょっくら行ってきます。

bright flavorさん(@brightflavor)が投稿した写真 -


以前は、旅割とか楽パックを利用してましたが、最近はもっぱらLCCです。ジェットスター、松山就航してくれてありがとう。ばんざいヽ(`▽´)/(写真は旅割利用したANAですけど)

よく行く行き先。

・東京(成田)…約1時間30分 [通常]片道約6,000~8,000円 [繁盛期]片道約10,000~25,000円 [セール]片道約2,000~4,000円(ジェットスター)
・東京(羽田)…約1時間30分 [普通料金]片道36,090円 [旅割75(最安値)]片道10,590円(ANA)

個人的まとめ。

・LCC就航してくれたのは嬉しい…のですが、発着がかなりずれたり、成田空港で乗り場までがものっすごい遠い&そこからさらにバスに乗って飛行機まで向かうので、時間厳守だったり体力温存したい場合は羽田空港行きのJAL・ANAがベストですね。

↓一応、こういうこともありますので、LCCの過信はやめましょう。
機材トラブルで大幅に遅延したジェットスターの顧客対応がなってないのでここで叱っておく!-himag

松山空港の駐車場は有料です。松山観光港同様、何泊かするのであれば、バスで移動するのがベスト(松山市駅からリムジンバスが出てます

・関西国際空港行きのPeachは使おうと思いつつ、まだ利用したことがありません。利用した時の感想はまたいつか。

車での移動を書かなかったワケ

必要な荷物が多かったり、車で移動しないと行けないところは別として、基本、出張や旅行では車は使いません。長距離の運転は思った以上に疲れてしまう、駐車料金を取られるのも理由ですが、一番は移動時間を有効に使いたい、という思いがあります。

交通機関を使うことで、その移動時間は打ち合わせ内容のまとめをして、取引先に確認をメール書いたり、帳簿をつけたり(クラウド形式なので可能)、読んでなかった本を読むことができたり、また、疲れた時は、爆睡することもできます。運転していたら、それらはまずできません(できたとしても車内でPodcastを聞いたりするくらい?)

まとめてみて改めて思うこと。

さらば広島。

bright flavorさん(@brightflavor)が投稿した写真 -


松山から移動しようとすると、どうしても時間がかかります。夜移動のフェリー・バスを除くとだいたい3時間くらいはかかりますので、移動時間を伝えると大抵びっくりされます。不便だと思われるのも致し方ないなとも思います。しかし、むしろ移動時間が長いからこそ、その時間を有効活用しやすい状況だったりするのです。

また、移動時に仕事の手を休めて、コーヒーを飲みながらボーッと外を眺めるのもまた良いひとときです。特に船での移動は天気がいいときの眺めと言ったら、感動モノですね。それだけで疲れや悩みが吹っ飛んでしまうこともあります。

私は基本的に愛媛で仕事をしたい、と常々考えていましたので、不便だと思うことを如何により良く利用したり考えていくかは、地方でフリーランスとして生きていくための必要な思考スキルではないか、と思うのです。

…さて、来年2016年はあまり行く機会のない、福岡あたりへ行こうかなと思ってます。久しぶりに福岡行きの船にも乗りたいですし。九州での仕事とかイベントがあったらいいんだけどなー(ボソ。


More read

CSS Nite in OKAYAMA, Vol.6「ワンランク上のWeb制作」に参加してきました。

2年目の区切りとして。-気づいたら『フレーズライン』として独立して2年経っていました。

松山から他県への移動交通手段の時間・料金・気づいたことなどをまとめてみた。

知人が脳梗塞を発症した時に対応したこと、考えたことまとめ。

Profile Illust

brightflavor

フレーズライン ・ Webデザイナー

愛媛県松山市で主にWebデザイン(PCサイト・スマホサイト・スマホアプリ)のお仕事を主に、デザイン関連のお仕事をしております。

Photoshop、Illustratorを主流に使用しつつ、興味を持ったアプリは使ってみています。元Adobe Fireworks Lover(一応今でもご希望あれば使用してます)。

Webデザインに関するほか、自分なりの仕事の進め方、考え方など書いてます。

ねことコーヒー好き。一応既婚。

Entry list

Caterogy list

Tag croud

RSS 2.0 Login